バイク買取業者選びは「シェア」だけで決めないこと

バイク買取業者選びは「シェア」だけで決めないこと

main-img

バイク買取業者はそれぞれに抱えている需要(ニーズ)が違います。

例えば、原付専門店が抱えているニーズは当然、「原付が欲しい」というもので、リッターバイク専門店が抱えているニーズは「大きなバイクが欲しい」というものです。


中には、「他にはない原付が欲しい」「このバイクが欲しい」というニーズを持ち込んでくる顧客もいるでしょうが、基本となるニーズの種類はバイク買取業者ごとにある程度決まってしまいます。



ところが、大手のバイク買取業者の場合は「どんなバイクも買取る」と明言していることから、ジャンルを問わず様々なバイクが持ち込まれます。

T-SITE関する情報選びの耳よりな情報を公開しています。について興味がある方にオススメのサイトです。

その結果、様々なニーズに対応できる状態が出来あがっていくことになるので、消費者にとっても「ここなら希望するバイクが見つかるだろう」という考えに行き着きやすくなります。



とどのつまり、「大手のバイク買取業者は常にニーズが飽和している状態であり、無茶をして高額買取りをする必要が無い状態」になっているので、本当に価値があるバイク以外は高額買取りを実現することが難しくなります。しかし、中小の業者の中には「ニーズは狭いが特定のジャンルでは抜きんでている」と言った特徴があるものがあります。
そういうバイク買取業者は、ニーズがマッチしてさえいれば大手よりも数段高い価格で買い取ってもらえる可能性もあるので、積極的に利用する意味があります。
必ずしも大手にこだわるのではなく、様々な選択肢を持つことも「バイクを高く売る為のコツ」です。

売買の特徴

subpage01

バイク買取業者の利用価値を推測するためには、「過去にどのくらいの価格で買い取っている実績があるのか」を参考にします。同じ車種、同じ年式、同じ状態と言った形で「出来るだけ同じ条件で評価されているバイク」に対する実績を用いて評価することになりますが、場合によっては全く近しい実績が見つからないということもあります。...

more

ためになる情報

subpage02

バイク買取業者の中には、「本来の価値よりも安く買いたたいてしまおう」と考えているところがたくさんあります。もちろん、消費者に対して真摯に対応することを優先し、「薄利多売」を信条にしている良心的なバイク買取業者もたくさんありますが、消費者の目線で利用価値の高いバイク買取業者を見つけるためには、「結果を客観的に評価するための準備」が必要です。...

more

専門知識

subpage03

バイク買取業者に売却する際、査定して買取金額を決定するのですが、多くのバイク買取業者は車種と年式、走行距離などを参考にして相場情報をチェックし、査定額を算出しています。また、査定方法は、フレーム、ハンドルストッパーとハンドルの切れ角、フロントフォークの歪み、外観、エンジンの状態、消耗品の状態、カスタムなどをチェックして査定額を算出していますフレームは転倒による歪みの有無などを溶接部などで判断され、ハンドルストッパーとハンドルの切れ角は、転倒による痕跡を見抜き、新しい物に交換されている場合でも、ハンドルの左右の切れ角に違いが生じるので注視されます。...

more

売買のコツ

subpage04

バイクの評価は、プロで無ければ正確な評価をすることが難しいものです。素人(アマチュア)でも、プロに負けない専門的な知識を持っている人はたくさんいますが、だとしても「バイク買取業者の評価と同じ結果になるのか」と言われれば疑問符がついてしまいます。...

more