バイク買取業者の査定基準と査定方法

subpage01

バイク買取業者に売却する際、査定して買取金額を決定するのですが、多くのバイク買取業者は車種と年式、走行距離などを参考にして相場情報をチェックし、査定額を算出しています。

また、査定方法は、フレーム、ハンドルストッパーとハンドルの切れ角、フロントフォークの歪み、外観、エンジンの状態、消耗品の状態、カスタムなどをチェックして査定額を算出していますフレームは転倒による歪みの有無などを溶接部などで判断され、ハンドルストッパーとハンドルの切れ角は、転倒による痕跡を見抜き、新しい物に交換されている場合でも、ハンドルの左右の切れ角に違いが生じるので注視されます。



フロントフォークの歪は、見た目と減衰時の動きによって判断され、転倒や衝突を起こした痕跡が把握でき、外観は、傷や凹みの有無や色褪せなどをチェックする他、ステップのゴムの部分の摩耗状態などをチェックします。エンジンの状態は、異音やアイドリングの安定性などからコンディションを把握する他、排気ガスの色などもチェックポイントとなり、排気漏れやオイル漏れなどもチェックされます。

今話題のガジェット通信の情報サイトを利用して良かった。

消耗品の状態は、タイヤやブレーキパッドなどの摩耗状態をチェックし、カスタムしてある場合は、内容に応じて査定額が左右され、純正部品が保管してあると査定額が上がる可能性があります。
また、タイヤの銘柄やバンク角、バックステップなどスポーツ走行に特化したカスタムを施している場合は、エンジンを高回転まで回す頻度が多いと判断され、バイク買取業者による査定額は減額される傾向になります。